学生でも親にバレずにキャッシングする方法

キャッシングベスト3

私は大学1年なのですが、サークル仲間と遊ぶのにバイト代だけでは足りないので、キャッシングで現金入手したいと思っているんです。でも親にばれると面倒なので、学生でも親にばれずにキャッシングする方法があれば教えて下さい!

20歳以上ならバレずにキャッシングできますよ

大学生でも20歳以上なら親にバレずにキャッシングできますが、未成年のキャッシングは原則できませんので、今のところあきらめるしかなさそうです。

どのキャッシング会社でも、貸付対象を「満20歳以上」としています。大学1年生ということは、質問者さんは未成年ですよね。未成年者のキャッシングは法律の都合がありまして、どこのキャッシング会社も貸してくれません。今のあなたがキャッシングするためには、20歳になるまで待つしかありません。

どうしてもキャッシングしたいなら、親の同意書を添えてキャッシング申込をするしかないですね。もちろん同意書は偽造したら犯罪ですから、親に同意書を書いてもらうしかありません。つまり、親にバレずにキャッシングすることはできません。

収入源を増やすために現実的にできる事は・・・

(1)親の同意の下キャッシングを申込む
(2)親のクレジットカードの家族会員カードを作成し、キャッシングする
(3)アルバイトを増やして稼ぐ

この3点が現実的かと思います。

キャッシングできる年齢になるまで、親にお世話になっちゃうというのは甘えた考えかもしれませんが、でもそれも良いんじゃないでしょうか。20歳になってから自分でキャッシングを申込み、自分で返済すれば良いですし。大人になってからたくさん親孝行して恩返しするのも悪くないですよ。でもお金の使いすぎには十分注意しましょう。

学生が親の保証なしでもキャッシング利用ができる借入方法がある

学生時代には何かと立て続けにお金を出費する機会が舞い込んでくるものです。日々の生活費や学費、それにサークルの活動費、合宿費、さらに資格試験に向けたスクーリング費や自動車教習費、この時期ならではの海外旅行や留学に至るまで、その出費の可能性は実に様々。また学生時時代はもう二度と戻ってこないことから、然るべき時にきちんと余すところ無くお金を使っておくことは、何よりも自分への投資の意味で大きな意味を持ちます。

そうはいっても学生は所持金に乏しいお年頃です。アルバイトを掛け持ちしていたとしてもお金の不足に見舞われるケースは数多く、その際にそっと救いの手を差し伸べてくれる銀行や消費者金融のキャッシングは実に頼りになる存在と言えるでしょう。

キャッシングにおいては、店舗窓口やインターネット、メール、電話などの手段を使って利用申し込みを行い、窓口での現金手渡し、あるいは口座振込の形で融資が実現することとなります。その申し込みでは、氏名、年齢、職業、勤務先、年収といった個人情報の記載が必要となり、この情報に基づいて融資元の担当者が入念にその返済能力を精査します。この結果いかんで最終的な借り入れ条件が決定されるのです。

中には収入の乏しい学生に対して借り入れを許可しない金融会社もあるようですが、最近では多くの銀行や消費者金融が学生特有の低い利率にて融資を行うケースが多くなってきました。また、大学の乱立するエリアには学生ローンなども立ち並んでおり、その立地条件や手続きの手軽さゆえに高い人気を博しています。それに、こうした金融会社で継続して借り入れを行うと、卒業後も引き続き同じ低利率で融資を受け続けることが可能となる場合もあります。

ただし、収入の少なさなどを理由に審査でキャッシングを断られてしまってもまだ打つ手はあります。親の名前や住所、職業、勤務先などの諸情報を書き込むことによって所定の審査が通過できたり、融資限度額が引き上げられたりする場合があるのです。各金融会社ごとにその特性は大きく異なりますので、ネットの口コミなどで詳しく調べて攻略することが求められるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【お困りの貴方へ!】車検代が払えない人必見!優良金融紹介! All Rights Reserved.