カードローンを利用し始めてから半年が経ちましたが、返済ってなかなか終わらないっていうのが僕の印象です。完済まであと半年あるんですけど、返済を早く終わらすコツがあるなら教えてくれませんか?

返済を早く終わらすコツは、あります!

返済はなるべく早く終わらしたいというのが本音ですよね。返済を早く終わらすコツがありますから、それをさっそく実行してみて下さい。

◆繰上返済
カードローン返済は、たいてい毎月一回、指定日に返済するのですが、返済日前に繰り上げて返済することが可能です。繰上返済をすれば支払利息がトータルで少なくて済みますから、手元に余剰資金がある時はぜひぜひ繰上返済をしたいものです。

◆返済計画を立てる
借入前に返済計画を立てるのは基本中の基本ですが、計画の立て方がポイントとなります。返済計画の基本は毎月の収入と支出を計算し、毎月の返済額を割り出しますよね。しかし、返済額を割り出す時、余裕をもって毎月の返済額を算出して下さい。

毎月返済する時、その余裕部分が実際に余剰資金として残ったなら、返済日にこだわらず返済することで借入残高を減らすことができるのです。カードローンは返済期間が長いほど支払利息が多くなる構造になっていますので、余裕資金が容易に生まれるように返済計画を立てることで返済額を減らし、且つ返済を早めに終わすことができるのです。

繰上返済を行なうこと。余裕ある返済計画を立てること。これが、返済を早く終わらすコツです。当たり前のようなことですが、当たり前のことを確実に行なうことがカードローン成功の秘訣なのです。さっそく実行してみましょう。

ローンを早く終わらすことのメリットについて

キャッシングやカードローンといった無担保の小口融資は、使い道自由で審査スピードも早くなっていますので、急いで現金が必要なときにもとても便利です。また、安定した収入があればフリーターやアルバイトといった短期雇用の人でも比較的借りやすくなっていますので、目的別ローンや銀行系のフリーキャッシングでは審査に通らなかったという人でも、申し込みをしてみる価値はあります。

こういった借り入れは、基本的に早期返済を前提とした融資になっていますので、気軽に借り入れができるようになっている反面、金利が通常の借入よりも高くなっています。そのため、長期的な利用も不可能ではありませんが、できるだけまとまった金額を返すようにして、早く終わらすほうがメリットがあります。キャッシングの融資は利息を日割り計算で算出しており、繰り上げ返済のときに手続きや手数料も必要はありませんので、短期間で完済するほどトータルの利息の支払い金額は安くなることになります。借入をした当日に全額返済をした場合には、利息が一切発生しないことになりますので、外出先で現金が必要になったときにキャッシングを利用して、帰ってきてから返済をするといった使い方をすると、銀行のatm手数料を払ってキャッシュカードで現金を引き出すよりも、費用の支払いが少なくなります。

また、ローンを早く終わらすことにより、業者側の信頼もアップするというメリットがあります。キャッシングでは、利用限度額の範囲内で借り入れや返済ができるようになっていますが、きちんと返済をする人に対しては、信頼が上がってきて利用限度額の増額にも比較的積極的に応じてくれるようになります。そのため、始めのうちは希望する金額の融資を受けられなかった人も、きちんと返済する姿勢を見せることで、後々高額の借り入れが可能になることもあります。将来的に高額の融資を受けたいという人は是非や止めの返済を心がけましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【お困りの貴方へ!】車検代が払えない人必見!優良金融紹介! All Rights Reserved.